2006年04月09日

花びら舞い散る、アイディア舞い戻る。。。

風つえーよ。花びら散ってるよ〜。。。。


オレ、サクラの花びらが水溜りに浮かんでいるのを見るのが好きじゃないんだな。

「つい最近まであんなにきれいだった桜の花が・・・」って思うと切ない気持ちになってしまう。


ま、いっか。



今日は、アイディアについてだ。


最近、本とか雑誌をよく読むんだけど、

国内外で起こっている時事的な問題について各界の著名人たちが
それはもう現状を的確に捉えて、

スゲーいいアイディアを出している。っと思う。


でもその反面、面白い考え方・いいアイディアだなーって思うものに限って、
「今こそ〇〇をしてみたらどうだろうか?」で文章を締める傾向が強いように感じている。


そんな著名人たちに言いたい。 
「そこに気付いたアナタがやったらいいじゃん!」と。。。


それなりにその分野で権威もありそうだし、
出来ない立場じゃない。絶対に。。


でも、やらなんだな。
実際にやるのは言うより何倍も難しいから。



・・・そんなことを思っていた矢先、同じ状況が身の回り(社内)で起きた。


入社3年目までの若手が手本となる人(←入社7、8年目くらいの人)を見つけて、
その人と一緒に自分のキャリアを考え、そこに向かって前進していくことを目的とした組織の中でのこと。


先行き不透明なこの世の中、この業界だから・・・

この取り組みには、個人的に大賛成でその組織に対するモチベーションは
相当高かった。


1回目の会議でオレが言ったこと、

事前にしっかり準備して全部で3つ言った。
それらは全てその組織をより良いものにするための提案だった。


アイディアは3つだったが、答え(お手本の人の反応)は全て同じだった。



お手:「よし!分かった。じゃあ、それ是非やってね!」 ×3

(・・・オレも各界の著名人・評論家と同じだったのか。。。)




結局、全てやることに・・・
(プロジェクトは別の活動になるのでいわゆるボランティアだ。)


でも実際にその"実行"がなかったらその組織は今ほど、円滑に動いていなかったと思う。
(知らないうちにその実行の過程を通じてオレも成長しているのだろう)


いいアイディアがあってもそれを実現化しないのなら、
出さないのと殆ど同じだ。




各界の著名人、そして自らの経験を通じて学んだ・・・そして決めたんだ。


2年目の今年は、とにかく、提案を"実現化"すること!


花びらは散っても、アイディアだけは絶対に散らさせない。






やべー、この記事全くボケがねー。
  

Posted by shutetsu at 01:19Comments(5)TrackBack(0)